Paul Mahoux  (ポール マウ)

1964年仏フランスのパリ生まれ。
独習者としてギターをプレイする
長年後に、Paul Mahoux 1985年に
Denis Lamboley(G.I.T.
LosAngeles) とギターを研究し始
めました。1987年には、パリの
American School Of Modern Music
(Boston のBerklee音楽院の
Steve Carbonara 学校管理者) を
卒業させまして,そこでJazzの和
声と編曲を勉強しました。
Charles Raynal (Berklee, M.I.T.)
先生と音楽についての知識を完成
しまして,彼に音と音楽の多くの
様々な面、シンセサイザー、ミュ
ジックコンクレート、フィルムと
コマーシャル用音楽、および環境
として音に気づいている方法を理
解する方法を教えていただきまし
た。
その後、Paul Mahoux は、テレビ
・ドキュメンタリー映画およびラ
ジオのBGM、および国立Radio
Franceを含むフィクションのため
構成者として働きました。
お問い合わせにはこちらのメールアドレスご利用下さい



ありがとうございます
もしこのサイトで聞いた音楽が
気に入ってコメントを書きたいだったら,
どうぞ  ^_^ こちらでお願い致します:

コマントを書く       コマントを読む
:::                                          :::
この時代に始めてのシンセサイザー,サンプラー,パソコンを買って,ギターより
キーボードの方がたくさん弾いていました。

1990年代から、彼はパリでTechno, House, Ambient と言う電子音楽において活動的に
なりまして,アメリカとフランスのラベル
(Guidance,Omnisonus, Fairway) からアンビエントとテクノトラックをリリースしまし
た。さらに,大きいなHouse Music イベント
で パーカッショニストManu Lokoleと有名なDJ (Derrick May, Alton Miller) とギター
の即興で演奏しました。
同時に、彼はギタリストとしてアフリカのAfrobeatやHighlifeのバンドに参加しまし
た。
1999年にPaul Mahouxはafro american女性歌手EkayaniのためでNew York Cityに引っ越
しまして,solo
live looping のライブを始めました。
NYCで沖縄人の奥さんに出会いまして,2002年に沖縄に定住しました。
沖縄でPaul Mahouxはその活動を持っています:

-"Peace Music Festival", "The Bus" などのようなイベントで,色々なビーチ
パーティ,喜納 昌吉の”チャクラ”,"Club Mnd", "火の玉ホール",
"Groove", "Mafali", "Unity" のようなクラブでソロギター(時々ノートパソコン
で又はDJ set) の演奏 。

- 沖縄の芸術家(ふぁーな、 新垣睦美)との時々のコラボ。

-海外のラベルのために自分の音楽のトラックを作り。

- ギター教室。

- DTM 教室。
:::   音楽  :::
:::  ホーム  :::
:::  ストアー  :::